スロットやオンラインカジノはスロット好きに楽しまれています

ギャンブル

gyanburu

ギャンブルとは、金銭や品物などの価値あるものを賭けて、偶然性の要素が含まれる勝負を行い、その結果によって賭けたものの取引を行う行為のこと。競馬、競艇、競輪、オートレース、サイコロ、札、野球賭博、富くじなどがあげられる。ギャンブルは依存性を孕んでおり、時に人格障害を引き起こしたり、人を破産に追い込み、自殺や殺人に追い立てることもある。
また、違法なものは暴力団関係者の資金源となっており、社会問題も多く内包している。

日本のギャンブルの歴史

飛鳥時代には既に賭け事の取り締まりが行われていたが、近代以降では政府の治安政策の一つとして厳しく取り締まりが行われたため、表向きは別の職種に偽装するところが多くなる。
しかし、1905年に天皇賞が下される競馬帝室御賞典が制定され、1936年には軍馬育成への貢献を名目として日本競馬会が結成された。これを皮切りに本格的な政府公認のギャンブルが開始されるようになり、各種公共ギャンブルが開催されるようになった。

世界のギャンブル

kajino

世界各地には様々なギャンブルが存在する。スロットマシンやバカラ、大小、ファンタンなどのカジノとして主なものや、ドッグレース、ハイアライ、牌九など、一部の地域で独自に行われているものもある。
イスラム教圏では、宗教の関係上、賭博を行うことが禁止となっているため、賭博は「賭博ではない」ものとして行われている。例えば競馬は存在するが、その賭け物は商品であり、直接的な金銭の取引はない。
また、中国ではギャンブルに関して数千年の歴史があり、その中では数千万円相当の品物や莫大な金額が取引されていることもあり、厳しく摘発されている。